【米国のスタンダード学習法を30%OFFで】Firecrackerで医学英語・USMLE対策を!

【シリーズ】低学年からのCBT対策のススメ

スポンサーリンク

私はUSMLE対策の一環として、CBTの対策を行いました。

USMLE受験のために時間的余裕を残しておく必要があったため、同級生より1年前倒しで、基礎医学の履修中である3年次にCBT対策を行っています。

私は、CBTで好成績を獲得することを最終目的としてとらえるのではなく、早期からのCBTの学習を通して偏りのない知識・思考を身につけることが最も大切なことと考えており。これを主題に記事とします。

(それを通して、読者の皆様がより良い成績を獲得できたとしたら、尚幸いなことです。)

 

スポンサーリンク

CBTってなに?

低学年の皆さんに向けて、CBTと、その勉強についてついて解説します。

01 CBTってなに?【1-3年向け】

02 私のCBT結果を報告します

低学年からのCBT対策のススメ

医学部に入学された方の中には、「医学部に入ったんだから早く臨床医学や疾患について勉強したい!」と思われている方も少なくないと思いますし、私もその一人でした。

「でも大学ではまだ基礎医学をやってるし・・・」と怖気づく必要はありません。

01 早く病気や臨床医学を勉強したい!CBT対策を始めよう!

02 低学年のくせに勉強ばっかりして視野が狭くなるぞ!?

03 CBTのその先へ。

Amazon.co.jp

低学年から始めるCBT勉強法

では、具体的にどのようにCBTの勉強をしたら良いの?

CBTがまだ先の方ももうすぐの方も参考にしていただける記事にします。

01 CBT対策を始める前に学んでおくべきこと&基礎医学の教材紹介

02 問題集の紹介

03 参考書・教科書(臨床医学)の紹介

04 問題集を用いた演習のススメ

05 映像授業のススメ

 

その他のオススメ記事

 

【医学生の知識整理術】まとめノートのススメ
筆者が医学部に入って最も驚いたことのひとつは、「とにかく覚えることが多い」ということです。 基礎系の科目の試験もそうだし、CBTでも実習でも国家試験でもとにかく「知っているか?覚えているか?」と...

↑↑↑「膨大な勉強量に打ち勝つ方法として参考にしてみてください